SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsとは

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

フタバ食品の
サスティナビリティ方針

方針1

安心安全な食づくりと
健やかな心と体の育成に寄与する

  • 全ての人に健康と福祉を
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
食品製造業販売業として、安心安全な商品を供給するための基盤を確固たるものとして、全ての人々が心身の健康を維持できるよう、あらゆる技術の革新を重ねていきます。
取り組み事例

食品安全マネジメントシステムFSSC22000とISO22000の認証取得

「ISO22000」とはISO9001(品質マネジメント)の考え方にHACCP(食品安全管理のガイドライン)の食品安全の危害要因分析の手法を取り入れた国際規格です。食品に関する製造から供給までのすべての過程で、食品危害を防ぐためのシステムとなっています。
一方「FSSC22000」はISO22000をベースに「ISO/TS22002-1 または ISO/TS22002-4(食品製造における食品安全のための前提条件プログラム)」および「FSSC独自の追加要求事項」を追加した国際規格です。ISO22000に具体的な管理手法などが追加されているのが特徴です。
これらの規格は食品の高い安全性を確保できる上に、グローバルな取引の促進にもつながります。また、業務効率の改善や組織体制の強化などの効果もあります。
フタバ食品はFSSC22000とISO22000の取得により、食の安全の実証と継続的な改善による安全水準のレベルアップを目的としています。

認証取得状況
 
事業所
FSSC22000
本社 喜連川工場 関西工場 東北食品株式会社(系列会社)
ISO22000
下栗工場 コンフェクショナリー下栗工場
方針2

環境負荷の低減で、
地球環境を保全する

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • パートナーシップで目標を達成しよう
地球温暖化防止に役立ち、安全な循環型の社会形成に貢献するため、再生可能な植物由来の有機資源を活用したり、CO2排出を抑制するシステムの導入を推進します。
取り組み事例1

商品パッケージのインキの一部にバイオマスインキを使用

「バイオマス」とは「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」と定義されています。バイオマスは太陽エネルギーを使用して水と二酸化炭素から生物が光合成によって生成した有機物であるため、化石燃料のように枯渇することがなく、持続的に再生可能な資源です。
また、植物由来のバイオマスは植物の成長過程で光合成により大気中から二酸化炭素を吸収しているため、廃棄の際などに燃焼して二酸化炭素を放出しても、差し引きすると二酸化炭素量が増加しない「カーボンニュートラル」な資源といわれています。
「バイオマスインキ」とは生物由来の資源(バイオマス)を使用しており、バイオマス含有率が10%以上のインキのことを指します。

実施状況

2019年に発売した「ダンディーチョコレート」「栗もなか」「クッキーチョコバー」のパッケージで、バイオマスインキの使用を開始いたしました。
今後も使用商品を増やし、包材関係を植物由来素材へ移行していく予定です。

  • ダンディーチョコレート ダンディーチョコレート
  • 栗もなか 栗もなか
  • クッキーチョコバー クッキーチョコバー
取り組み事例2

ガスコージェネレーションシステム(発電システム)を下栗工場に導入

ガスコージェネレーションシステムは、電気を必要な場所でつくり、同時に発生する熱を給湯や蒸気などに利用できるシステムです。

実施効果
  • ・従来の発電システムのような送電ロスがなく、発電と同時に発生する熱も有効利用して、高いエネルギー効率を実現します。
  • ・買電量の削減による省コスト、他の熱源設備の燃料使用量を低減し省エネルギーも実現します。
  • ・従来発電システム比、年間約5.8%のCO₂発生を削減しました。
イメージ画像
方針3

将来世代へ食の供給を
持続可能にする

  • 飢餓をゼロに
  • 気候変動に具体的な対策を
  • パートナーシップで目標を達成しよう
希少農産物の保護や農家の経営に寄与できるように、農産物の出荷規格外品を活用して加工食品を開発することや、併せて食品ロスを減らすためのフードチェーンを構築します。
取り組み事例

那須烏山市の生産農家11戸からの「中山かぼちゃ」規格外品の買い取り・一次加工委託

中山かぼちゃは栃木県那須烏山市で栽培が行われており、皮が薄く、一般的なかぼちゃよりも実の色が濃いのが特徴です。また通常のかぼちゃよりも長期間熟成させることにより、甘みが強く、ほくほくとした食感で、ぎっしり詰まった果肉となっています。生産している農家は11戸と少なく、品質を維持するために種子はこの地域だけで管理されています。
そんな希少な中山かぼちゃの中でも、形などが悪く規格外で販売できないものを当社で買い取り、一次加工委託して原料用ペーストに加工し、当社で管理しています。

商品の紹介

那須烏山市との協定から、市内産の特産物を利用して商品を開発。アイスクリームに中山かぼちゃペーストを配合し「中山かぼちゃアイスクリーム」を製造いたしました。
脱脂濃縮乳と生クリームをたっぷり使用し、中山かぼちゃペースト10%を配合。中山かぼちゃの芳醇な風味はそのままに、濃厚でクリーミーな味わいに仕上げました。
県内外で販売し「中山かぼちゃ」ブランドを全国に広め、地域の活性化を目指しています。

イメージ画像
方針4

従業員が個々の能力を
存分に発揮できる職場環境を整える

  • 全ての人に健康と福祉を
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
持続可能な社会と満足度の高い食生活の実現のためには、企業活動の中でも女性の参画とリーダーシップが不可欠です。そのためには、女性も男性も個々の自己実現が可能となる働き方と、多様性に対応できる安全安心な職場環境を整えます。
取り組み内容

女性管理職者増と、女性が働きやすい就業規則・形態を改善

女性社員が多く活躍するフタバ食品では、育児と仕事を両立できるようサポートする就業規則を整えています。
  • ・産前産後休業、育児休業を合計1年間取得可能
  • ・子どもが小学校に就学するまで、30分~2時間、時間を短縮して勤務することが可能。(短時間勤務期間は、始業・終業時間を調整可能)
  • ・子どもが小学校に就学するまで、子どもの看病・予防接種・健康診断などのために、年間5日(子どもが2人の場合は10日)看護休暇を取ることが可能。(半日単位でも申請可能)
また、当社の女性管理職者も年々増加しており、上記規則に則り育児休業や短時間勤務も多く行われています。
実際の女性管理職の声

仕事と家庭の両立を支援する制度として、育児休業は子供が8か月まで、短時間勤務は子供が2人いますので合計8年間利用しました。子供の成長に合わせ、短縮時間を徐々に短くし、仕事内容を充実させることができました。
慣れない育児、仕事と家庭の環境は個々で違いますが、制度を利用することで、子供を持ちながらも働く意欲のある社員の負担を軽減できると思います。
企画部次長 高橋美里

イメージ画像